アイレーシックの比較について

アイレーシックの費用を比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレーシックは、日本では厚生労働省が唯一承認している術式です。アメリカのNASAでは、宇宙飛行士に対して、唯一施術を受けることを認めている極めて信頼性の高い術式です。現在、日本国内でこのアイレーシックを受けることができるのは、神戸神奈川アイクリニックのみになります。

アイレーシックの費用


神戸神奈川アイクリニックでは、アイレーシックの種類と保証期間によって費用が異なります。

  • プレミアムアイレーシック(3年保証):300,000円(税込み)
  • プレミアムアイレーシック(15年保証):370,000円(税込み)
  • プレミアムアイデザインレーシック(15年保証):400,000円(税込み)

尚、品川近視クリニック新宿近視クリニックでは、アイレーシックの取り扱いはございません。

レーシックの費用はどこの医院が一番安い?


レーシックと一言でいっても、実に多くの術式(スタンダードレーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ラゼック、Zレーシック、アイレーシック、フェイキックIOLなど)があり、大手レーシック医院毎に導入しているレーシックの術式も異なります。

どの術式のレーシックを受けるか?については、医師とよく相談の上、決めるべきですが、「どうせならできるだけ安く施術を受けたい!」というのが本音ではないでしょうか。

そこで、どこの大手レーシック医院でも導入している代表的なレーシックの術式である「スタンダードレーシック」、「イントラレーシック」、「ラゼック」、「フェイキックIOL」の4つのタイプのレーシックの費用を比較することで、どこの大手レーシック医院の費用が最も安いのか?客観的な視点から見てみましょう。

スタンダードレーシック(安い順)


一位 品川近視クリニック
  • 75,600円(税込み)

二位 新宿近視クリニック
  • 94,000円(税込み)

三位 神戸神奈川アイクリニック
  • 150,000円(税込み)

イントラレーシック(安い順)


一位 品川近視クリニック
  • 92,880円・158,760円(税込み)

二位 新宿近視クリニック
  • 198,000円・238,000円(税込み)

三位 神戸神奈川アイクリニック
  • 250,000円(税込み)

ラゼック(安い順)


一位 品川近視クリニック
  • 178,200円(税込み)

二位 新宿近視クリニック
  • 238,000円(税込み)

三位 神戸神奈川アイクリニック
  • 250,000円・370,000円・400,000円(税込み)

フェイキックIOL(安い順)


一位 品川近視クリニック
  • 496,800円〜696,600円(税込み)

二位 新宿近視クリニック
  • 498,000円〜638,000円(税込み)

三位 神戸神奈川アイクリニック
  • 680,000円〜780,000円(税込み)

まとめると


アイレーシックは神戸神奈川アイクリニックしか取り扱いがありません。その他の術式については、繰り返しになりますが、レーシックにはたくさんの術式があるため、一概にどの術式が良いかについては断言できませんが、各大手レーシック医院の「スタンダードレーシック」、「イントラレーシック」、「ラゼック」、「フェイキックIOL」の4つのレーシックの費用を比較する限りでは、レーシック費用が一番安いのが品川近視クリニック、その次に安いのが新宿近視クリニック、一番高いのが神戸神奈川アイクリニックという結果になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加