アイレーシックと角膜の薄さの関係について

アイレーシックは角膜が薄いと受けられない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の状態にもよりますが、あまりに角膜が薄いとアイレーシックを受けることができないことも多いようです。アイレーシックは角膜を削る量が他の術式よりも多いからです。適応検査を受け、医師と相談しながら術式を選択していくようにしましょう。

角膜の厚みとアイレーシック


角膜の厚さには個人差があります。レーシックは、角膜を削り屈折率を変えていくことによって、視力を矯正する手法です。角膜が薄い場合や形状がおかしい場合などには、削ることができないこともあります。この場合、他の術式を検討していくこととなります。

アイレーシックは、イントラレーシックなどの他のレーシック手術と比べると、角膜の「削り量が多い」のが特徴です。照射径の大きなレーザーを用いることで、角膜の変化を緩やかにしていくからです。

これにより、ハロやグレアなどの合併症を最小限に抑えることができ、「優れた見え方」を実現することができます。しかし、角膜が薄い人に対しては施術できない、というデメリットが生じてしまうのです。精度・効果の高さと引き換えに生じてしまう副作用のようなものだと理解すると、分かりやすいかもしれません。

角膜が薄い場合には?


アイレーシックを選択することができない場合には、医師から他の術式が提案されます。角膜の状態は、具体的に検査をしなければ判断することができません。「適用検査」と呼ばれる事前検査を受けることが必要なのです。まずは、クリニックに行って、検査を受けるようにしましょう。

もしも医師がアイレーシックに適していないと判断した場合、他の選択肢を一緒に検討していくこととなります。具体的には、以下のような術式があります。

イントラレーシック

最も一般的に行われているレーシック手術です。コンピューター管理されたレーザーによって、フラップを作成するという点は、アイレーシックと共通しています。使っている機器がアボット社製に限定されている場合が、アイレーシックです。角膜を削る量が、アイレーシックよりは少ないため次善の策として提案されることが多いようです。

エピレーシック

エピケラトームと呼ばれる特殊な機器を使って、「角膜上皮」と呼ばれる表層部分だけに切れ込みを入れる方式です。角膜が薄い人向けの治療として用いられています。

RASEK(ラセック)

こちらも角膜上皮だけに切れ込みを入れる方式です。アルコールで角膜上皮をふやかして、表層のみ切開していきます。

PRK手術

レーザーを使って角膜上皮を取り除き、フラップを形成せずに治療をする方法です。

このエントリーをはてなブックマークに追加