アイレーシックと通常のレーシックの違いについて

アイレーシックと通常のレーシックの違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

通常のレーシック手術とアイレーシックの違いは、「高機能な機器」を使って「コンピューター管理」で精密な手術を行っているか否か、という点にあります。アイレーシックは、手術の方法(基本的な手順)自体はこれまでの術式と変わりません。が、アボット社製の高機能機器を利用し、緻密に計算された、安全で確実性・効果の高い矯正手術を実現しています。

従来のレーシックとイントラレーシック、アイレーシック


従来のレーシック手術

従来のレーシック手術では、電気メスを使って角膜を削り、「フラップ」と呼ばれる円盤状のフタ(丸く切れ目が入っていて、ピラッとめくれるような形状を思い浮かべてください)を形成します。その後、フラップをめくり、現れた角質(実質層)に「エキシマレーザー」を照射して、角膜のカーブを修整し視力を改善させます。

イントラレーシック

従来の方法を一歩進めた手術方法が「イントラレーシック」です。電気メスを使わずに、コンピューター制御された高性能レーザーを使って、フラップを作っていきます。電子メスでは対応できなかったような人であっても、ミクロン単位の調整により、手術ができるようになったのです。

アイレーシック

イントラレーシックをさらに向上させた術式が、次世代型レーシック手術とも言われている「アイレーシック」です。コンピューター制御されたレーザーでフラップを作る段階はイントラレーシックと同じなのですが、その前後にさらに高性能な機器を導入しています。事前にWavescan(ウェーブスキャン・ウェーブフロント)と呼ばれる計測機具を使い、一人ひとりの眼の形状などを精密に測定します。

視力矯正のために使われるエキシマレーザーについても、柔軟なカスタマイズが可能な高性能の「ビジックス・スターS4 IR」と呼ばれるレーザーシステムが用いられます。

要はアイレーシックって何が違うの?


個人の眼の形などに応じて、「オーダーメイドな手術」を提供することができる、という点が従来のレーシックとは違います。これまでは様々な理由で手術を受けることができなかった人に対しても、コンピューター管理された手術によって、きめ細やかで精密な対応をすることができます。

ただし、角膜を削る量が従来の術式と比べると多くなるので、「角膜が薄い人」・「強度近視の人」などには対応することができない場合もあります。クリニックでカウンセリングを受けて、医師と相談をしながら術式を決定していくようにするといいでしょう。高機能機器を使ったカスタム手術ですから、従来の方法よりも若干値段が高めに設定されている、という違いも知っておくようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加