アイレーシックの失敗例について

アイレーシックの失敗例とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレーシックの際立った失敗例の報告は、現在のところありません。もちろん、術後に炎症を起こしたり、ドライアイになったり…レーシック特有の副作用・合併症が一時的に発症した例はあります。が、数としてはとても少ないものになっています。

「失敗」が起こるとすれば、見え方に不満がある、というようなレベルのものです。手術の失敗ではなく、個人的な感想として「失敗した」というようなケースは起こりうるのです。これを防ぐためには、事前に医師としっかり話合いをして、アイレーシックの特徴などを知っておく必要があります。

アイレーシックは「手術ミス」は起きない


「手術の失敗」というと、「眼球が傷ついて失明した」、などのケースを思い浮かべる方も多いかもしれません。このような意味での「失敗」は、これまでに一件も報告されていません。

コンピューターによって徹底的に管理された状態で手術を行うので、このようなミスは原理的にあり得ないのです。視力矯正に用いるエキシマレーザーも、熱を発生させないコールドレーザーですから、失明に至るようなことはあり得ません。

レーシック特有の副作用


アイレーシックに限らず、レーシック手術を受けた人の中には、一定割合で「副作用」が確認されるケースがあります。手術自体が成功していても、その人の体質などによって、炎症などが起きてしまうことがあるのです。これは、外科手術に伴って、体の免疫が反応してしまうから起きる生理的な現象です。

術後一定期間は、多少の痛みや炎症・まぶしさ・目の渇きなどの症状がみられることがあります。術後一定期間は、「ダウンタイム」と言って、目を安静にする期間を設けなければなりません。

期間経過に伴い、このような症状は軽くなっていき、やがて消失します。失敗というわけではなく、生理的な反応ですので、過度に恐れる必要はありません。そもそも、このような副作用の発症率も、アイレーシックの場合はかなり少ないと言われています。

結果に満足できないという意味での「失敗」


手術自体が「成功」に終わり、術後の炎症なども起きていない。このような場合でも、「失敗した」と主張する人がいます。「見え方が期待したようなものではなかった、だから不満が残る」、というようなケースです。

本人が思い描いていた「理想の見え方」と術後の状態との間にギャップが生じると、どうしても不満が残ることもあるでしょう。このようなケースを防ぐためには、手術前に「ゴール地点」をしっかりと定めておく必要があります。医師と綿密に相談をして、自分の希望を伝えておく必要があるのです。

ちなみにアイレーシックは、「見え方」という点でも、従来の方法より優れた効果を発揮する術式だ、と言われています。満足度が比較的高く、「失敗」する可能性も低いのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加