アイレーシックで作るフラップについて

アイレーシックで作るフラップとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレーシックで作るフラップは、マンホールのようにしっかりはまり込む形状となっています。通常のレーシック術式と比べると、シワやずれが起きづらく、術後の様態が安定しやすいと言われています。

フラップとは?


「フラップ」は、レーシック手術の際に作られる「角膜表面の切込み」です。フタのような形状となり、自由に開け閉めすることができます。フラップの出来次第でレーシック手術の仕上がりが決まる、とも言われています。元々角膜の一部ですから、手術後自然と固定されて安定します。

従来術式とアイレーシックの違い


アイレーシックでは、コンピューター管理されたイントラレーザーを用いてフラップを作ります。アイレーシックによって作ったフラップは、マンホールのような形状となっているため、術後比較的安定しやすいのが特徴です。

従来術式

かつて一般的だったレーシック手術では、電動メスによってフラップを作成していました。「マイクロケラトーム」と呼ばれる金属製のカンナで角膜の上をなぞり、切れ込みを入れていたのです。医師の経験・技量が問われる方法でした。角膜の表面に細かい傷が入ってしまうため、ダメージによる合併症も軽視することはできませんでした。

アイレーシック
アイレーシックでは、イントラレーザーと呼ばれる特殊なレーザーを用いてフラップを作成します。コンピュータープログラムによって完全制御されており、医師の腕に関係なく精密な切開をすることができます。角膜の傷が最小限で済みますので、感染症などのリスクもほとんどなく安全な方法だと言われています。

アイレーシックで用いられる「イントラFSレーザー」では、エッジ角度を自由に調整することができます。斜めに切れ込みを入れることができますので、手術後、フラップを閉じた後も比較的しわやズレが生じづらくなります。ちょうどマンホールのフタのように、がっちりとはまってズレないような作りとすることができるのです。

イントラレーシックとアイレーシックの違い


双方とも、コンピューター管理されたイントラレーザーによってフラップを形成します。アイレーシックの場合には、手術前にウェイブスキャンという機械を用いて、一人ひとりの目の形状を詳細に分析します。これにより、目の形に合わせたより精細な手術が可能となります。

フラップ手術の精度がより高い術式ということができるのです。エッジ角度・フラップの厚さなども任意の範囲で調整可能です。アボット社のフェムトセカンドレーザー(イントラレーザー)は、精度が高く、形成されたフラップの強度も高いのが特徴です。

このエントリーをはてなブックマークに追加