アイレーシックと強度近視の関係について

アイレーシックは強度近視の人でも受けられる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレーシックは強度近視の人でも受けることができる術式です。ただ、角膜が通常よりも薄い場合には、医師から他の術式を勧められることもあります。アイレーシックは他の術式よりも角膜を深く削る術式だからです。

強度近視でも治療できる?


「強度近視の人はレーシックを受けることができない」、このように言われることがあります。しかし、近視が強い人であっても、レーシックを受けて1.0くらいまで視力を回復させることができます。近視が強くなればなるほど、レーシックの際に削り取る角膜の量が増えます。

近視が強ければ、その分だけ屈折率をより大きく変えなければならないからです。レーシック手術が可能かどうかは、「近視の強さ」と「角膜の厚さ」次第です。近視が強い場合であっても、角膜の厚さが十分にある場合には矯正できます。個人の目の状態を分析しなければ手術できるかどうかは判断できませんので、まずはクリニックで「適応検査」を受けるようにするとよいでしょう。

アイレーシック以外の術式を勧められる場合


目の状態次第では、アイレーシックではなく他の術式を勧められることもあります。アイレーシックは、照射径の大きいレーザーを用いるため、角膜の削り量が比較的多くなります。同じ視力であったとしても、イントラレーシックを実施するのか、アイレーシックを実施するのかで、削り取る角膜の量が異なってくるのです

。視力が悪ければ悪いほど角膜を削る量は増えてきます。それに加えアイレーシックを実施するとなると、角膜の量がより多く必要となるわけわけです。このような場合、安全のために他の術式が推奨されるのです。

目の状態・形状は人によって異なりますので、「アイレーシックだから」「強度近視だから」というだけで一概に「受けることができない」と断じることはできません。実際に適応検査を受けて、医師と綿密に相談をしながら術式を選んでいくようにしましょう。

角膜が人より薄い強度近視の方は、そもそもレーシックを受けることができないこともあります。この場合には、レーシック以外の近視矯正術を検討することとなります。具体的には、「フェイキックIOL」といわれるコンタクトレンズのような眼内レンズを目の中に埋め込む手術などがあります。

エピレーシック・RASEKなどの方法もあります。アイレーシックが無理な場合であっても、他の方法によって治療することができる時代になっていているわけです。あきらめず、まずはクリニックに相談をしてみることが大切だと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加