アイレーシックについて

アイレーシックとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレーシック(iLASIK)は、アメリカの「アボット社」という会社の機器を組み合わせて行うレーシック手術のことです。レストランの「セットメニュー」のようなものだ、と考えるとイメージしやすいかもしれません。一人ひとりの眼の形状などに応じて、カスタムメイド式で提供する次世代型手術の一つ。NASAが宇宙飛行士に認めていることでも有名です。

アイレーシック=「私」のレーシック


アイレーシックの「アイ」は「I」、つまり「私」という意味を持っています。その名の通り、各個人の眼に合わせて、オーダーメイドのような感覚で、精密な手術を提供することができるのが特徴です。従来のレーシック技術と異なり、「見え方の質」に徹底的なこだわりを持っている定評のある術式です。

角膜の形・厚さなど、目の形状・性質は人によって異なります。その違いに合わせて、レーザー照射プログラムをカスタマイズして照射します。他の術式と比べると値段が若干高くなりますが、欠点が比較的少なく、得られる効果が高い方法だといえます。

アイレーシックは、アメリカの登録商標


レーシック手術には、様々な機器が利用されます。AMO(アボット)社の製品のみを利用した手術のことを、「アイレーシック」と呼びます。アイレーシックは、手術方法というよりも、セットメニューと考えた方が良いかもしれません。手術の基本的な流れ自体は「イントラレーシック」と呼ばれる方法とほとんど変わりありません。

アイレーシックに使われている機器は、以下のようなものです。

Wavescan
目を解析する機械。

イントラレームフェストセカンドレーザー

数千個のレーザーパルスを利用して角膜を切除し、理想的なフラップ(円形状のフタ)を作り出す。

ビジックス スター S4 IR(エキシマレーザー)

フラップをめくった角質の実質部分(中身)を削り、角質のカーブを調整して視力を矯正する。

この3つの機器すべてを、アボット社製品に統一したのが「アイレーシック」なのです。アメリカのアボット社が保有している登録商標の一つです。SONYの携帯型音楽プレーヤー「ウォークマン」と同じようなものだ、と考えると分かりやすいかもしれません。

アイレーシックは、NASA(アメリカ航空宇宙局)も承認した術式です。従来はレーシックを受けることができなかった、パイロットや宇宙飛行士であっても受けることができる、非常に質が高い安全な術式なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加