アイレーシックと夜間視力の関係について

アイレーシックは夜間視力が落ちない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

従来のレーシック手術では、「夜間視力が落ちやすい」と言われていました。しかし、先端的なレーシックの術式であるアイレーシックでは、「夜間視力が落ちにくい」と言われています。レーザーの照射域が広く、ハロ・グレアなどの症状が比較的出にくいからです。

従来のレーシック手術は夜間視力が落ちる


これまで一般的に行われてきたイントラレーシックなどの手術方法は、夜間の見え方が悪い(夜間視力に問題がある)という難点がありました。「夜に車を運転する方などは、レーシック手術に適さない」、そのように言われることが多かったのです。

どうして、従来の術式では夜間の見え方に問題が出ていたのでしょうか。それは、手術後、ハロ・グレア・ゴーストなどの副作用が出ていたからです。「ハロ」とは、光の周りに輪が見える状態。「グレア」は、光がギラギラとまぶしく感じる状態。「ゴースト」は、すべてが二重に見える状態です。

一時的な副作用に過ぎないケースもあるのですが、なかなか元に戻らないというケースも多く報告されていました。車を運転する人にとって、夜間視力の低下は、命の危険にもつながりかねない重大な問題です。夜の運転は普段より集中力が必要ですし、目も酷使しますから。車を運転するからレーシックはやめておこう、と考える人も多かったのです。

アイレーシックで夜間視力が落ちない理由


アイレーシックなら、夜間に車を運転する人であっても、安心して治療を受けることができます。アイレーシックでは、ハロ・グレアなどの副作用が比較的起きづらいからです。夜間の見え方も非常にクリアだと評判です。

ハロやグレアは、レーザーを照射した部分と、そうでない部分との「境目部の角膜の変化の大きさ」が原因となっています。境目部分の差が大きければ、光の入り方(屈折)が変わってしまい、見え方に問題が出てきます。

暗い場所では、瞳孔が開くので、特に屈折の差が大きくなってしまいます。アイレーシックは、従来の方法と比べますと、「レーザー照射の範囲が広い」のが特徴です。広く削るので、境目部の角膜変化が小さく済み、ハロやグレアを軽減することができるのです。

アイレーシックの商標を持っているAMO社の社内資料によると、「アイレーシックで夜間視力が良くなった」と答えている人数は、通常のレーシックの4倍にものぼるそうです。統計上も「アイレーシックでは夜間視力が低下しづらい」、ということが明らかになっているのです。「昼間の見え方が違う」、と評判のアイレーシックですが、「夜の見え方も全然違う」のです。

このエントリーをはてなブックマークに追加