アイレーシックに痛みについて

アイレーシックに痛みはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレーシックの術中・術後の痛みには、大きな個人差があります。「手術中」は、点眼麻酔を利用するので全くの無痛です。「手術後」、麻酔が切れるとしみるような痛みが生じてくることがあります。

この段階での痛みには、大きな差があるようです。ゴロゴロとした違和感を覚えるだけ、という方もいます。痛みがある場合であっても、大半は翌日には痛みがなります。何日も激しい痛みが続くわけではないので、あまり心配しすぎなくてもよいでしょう。

手術中の痛みは皆無


アイレーシックに限らず、レーシックの手術の前には麻酔を使います。麻酔といっても、通常の手術や歯科施術などの際に用いられるような注射麻酔ではありません。「点眼麻酔」と言って、痺れさせる成分が配合された目薬を利用します。

点眼するだけですから、痛みは全く感じません。施術の際には、「開瞼器」という道具でまぶたを大きく開いた状態で固定します。角膜の表面を切開し、レーザーで角膜の中身(角膜実質部)を削る、この作業自体は数分で終わります。

手術中の痛みはまったくありません。ただ、痛覚は麻痺しますが、圧迫感は麻痺しません。押されたような感覚を感じる人は、少なくありません。が痛みではないのでご安心ください。

手術後の痛みには個人差が


手術が終えた後、点眼麻酔の効果が切れてくると、痛みが出てくることがあります。点眼麻酔は1時間ほどで切れてきます。痛みをできるだけ緩和するために、痛み止めの内服薬を処方してくれるところも多いようです。

忘れずに飲んでおくようにしたいものです。麻酔が切れた後の痛みについては、かなりの個人差があります。タマネギを切ったときのような「沁みる痛み」を感じることが多いようです。コンタクトレンズを付けたまま寝たときのように、「ゴロゴロした違和感」を感じるだけ、という人もいます。

人によっては、涙が止まらなくなり、目を開けてられなくなることもあります。レーシックの手術を受ける際には、車の利用は絶対に避けるようにしておきましょう。大半の場合、翌日には痛みはなくなります。痛みを強く感じる人の場合、2〜3日ほどかかることもありますが、その後は日常生活を普通に過ごすことができます。

アイレーシックは、電子メスを使う従来の方法と比べると、角膜へのダメージが比較的少ない方法です。ただ、イントラレーシックと比較すると、削る角膜の量が多いので、痛みが強くなるという指摘もあります。「手術方法ごとの痛みの違い」よりも、「痛みに対する個人差の方が大きい」ので、アイレーシックだから痛い・痛くないという意見は、あまり当てにすべきではないかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加