アイレーシックと老眼の関係について

アイレーシックは老眼になりやすい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイレーシックを受けることによって、老眼になりやすくなったり、老眼の進行が早まってしまったりすることはありません。老眼の原因は、「老化によって水晶体などが変化」することにあります。

「角膜の変化」で起こるわけではないので、レーシック手術とは全く因果関係がないのです。ただ、レーシックを受けると遠くが見やすくなるので、相対的に「近くが見づらい」と「自覚しやすくなる」ことはあります。

老眼の仕組みとアイレーシックの仕組み


老眼は、加齢に伴って、「水晶体」と呼ばれる部分の弾力が失われてしまうことによって生じます。目の調節力が弱まり、近くのものが見えづらくなってしまうという目の障害の一種です。「毛様体」の働きが老化により衰えることも、老眼の原因の一つです。目の調節能力が弱まってしまい、近くにピントが合わせられなくなった状態が老眼です。

イレーシックをはじめとするレーシック手術は、「角膜」に対する治療です。毛様体や水晶体には、何も手を加えません。ですから、レーシック治療によって老眼が早まってしまったり、老眼になりやすくなってしまったりすることはありません。レーシックと老眼のメカニズムをしっかり考えると、双方の間に因果関係が存在しない、ということは明らかです。

老眼が進んだように感じるのは何故?


アイレーシック手術を受けた方の中には、「手術後近くが見づらくなった、手術で老眼が進んだに違いない」と主張する方もいらっしゃいます。しかし、この考え方は正しいものではありません。近くが見えなくなった、と「自覚」しただけのことです。

近視と老眼は、それぞれメカニズムが異なりますので、併発することは珍しくはありません。近視をもともと持っている人は、常に近くにピントが合っている状態にあります。そのため、近くが見えづらくなった「老眼」の状態を、なかなか自覚できないのです。

レーシックによって遠くが見えるようになりますと、老眼を自覚しやすくなります。その結果、「老眼が進んだように感じる」のです。老眼が進行している状態であれば、近視矯正用のメガネをかけるだけで、近くが見づらくなります(遠くにピントが合うため)。

レーシックで近くが見づらくなるのも、これと同様の理屈です。レーシックのせいで、老眼が進むわけではない、ということ、少し複雑ですがご理解いただけたでしょうか。

老眼は、レーシックをしてもしなくとも、必ず老化と共に進行します。「近視を持っていると老眼になりづらい」と言う人もいるようですが、そういうことはありません。加齢とともに、必ず老眼は発症します。それに気づいているか、気づいていないか、という違いしかないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加