アイレーシックの後遺症について

アイレーシックの後遺症とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

安全性が非常に高く、失敗が起きづらいと言われているアイレーシック。しかし、ドライアイやハロ・グレア、術後の眼の充血などが現れる可能性はあります。もっとも、これらの症状は一過性のものに過ぎないことがほとんどです。

大半は3か月程度で症状は消失します。手術ミスというわけではなく、成功しても一定割合で生じてしまう、生理的な現象・副作用、と考えた方が正しいでしょう。一生残る後遺症というわけではないのです。

よく起きる術後症状


レーシック手術の後に発生しやすい症状を説明していきましょう。以下の症状は、アイレーシック特有のものではなく、レーシック手術全般に伴って生じる合併症です(アイレーシックだから生じる、というわけではないということです)。

ハロ

光を見た時に、周囲に「輪」が生じてしまう現象です。光の輪が白く見えることや、光が流れて見えるような症状のこともあります。

グレア

光を見た時に、ギラギラとまぶしさを感じてしまう症状です。角膜の炎症が原因となっていることが多いようです。ハロとグレアは、夜間によく現れます。

目の渇き(ドライアイ)

多くの場合には、乾いていると感じるだけで、涙の量自体は減少していません。角膜の表面・内部に炎症が起きていることが原因となっているようです。涙の神経を一緒に焼き切ってしまうケースもありますが、この場合も徐々に再生して3か月程度で元に戻ります。

その他

眼精疲労や、頭痛、近くのものが見えづらくなる、などの症状が出ることがあります。

後遺症はずっと続く?


基本的に、術後に生じる症状は、3か月以内に消失すると言われています。外科的な手術を行うと、人体はそれに対応しようとして免疫活動を行います。その結果、炎症などが生じてしまうのです。ハロ・グレア・目の乾燥感など、典型的な後遺症の多くは、炎症が原因となっています。

美容外科手術・一般の外科手術などでも、炎症はどうしても起きてしまいます。アイレーシックの場合、他の手術より炎症が起きづらいと言われています。それでも、体質などによって、腫れてしまうこともあるのです。

症状が起きるかどうか、どれくらいの期間続くか、には個人差があります。1週間程度で回復する人も大勢いらっしゃいます。目を切開するという外科手術なのですから、術後はどうしても何らかの反応が起きてしまう、ということを理解しておくようにしましょう。

眼精疲労・肩こりなどの症状は、見え方が急激に変わってしまったことに伴って生じるものだ、と言われています。脳が環境の変化に順応できていないから生じるのです。これらの症状も、期間の経過とともにだんだん消失していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加