アイレーシックとZレーシックの違いについて

アイレーシックとZレーシックの違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年注目されている最先端のレーシック手術として、アイレーシックとZレーシックの2つを挙げることができます。双方とも、基本的な手術方式は「イントラレーシック」と異なりません。違うのは、用いている医療機器です。特に決定的な違いとなるのが、フラップを形成するイントラレーザーの違いです。

両者の共通点


アイレーシックもZレーシックも、基本術式はイントラレーシックと同じです。コンピューター管理されたイントラレーザーによって、角膜に切れ込み(フラップ)を入れ、切れ込みをめくって視力矯正レーザーによって視力矯正をしていきます。両者は、基本的にはイントラレーシックの一種と位置付けることができるのです。

両者の違い〜使っている機器が違う


アイレーシックとZレーシックは、特殊な機器使っているのが特徴です。一般のイントラレーシックとは、「使われている機器が違う」ということになります。

イントラレーザー(フラップ形成機器)

イントラレーザーは、角膜の表面にフラップと呼ばれる切れ込みを入れるためのレーザーです。アイレーシックは、アボットグループのイントラレース社製のレーザーを用いています。具体的には、「イントラレースFSレーザー」を用いています。

イントラレーザーの中で、唯一厚生労働省が承認しているレーザーです。フラップのエッジ角度や厚みなどを任意に調整することができるのが特長です。Zレーシックでは、Ziemer社の「フェムトLDV」というレーザーが用いられています。こちらは厚労省の承認はありません。

エキシマレーザー(視力矯正レーザー)

エキシマレーザーは、角膜の切れ込みの中に照射をして、角膜を削っていく視力矯正レーザーです。アイレーシックの場合、「ビジックスStar S4IR」と呼ばれる機器だけが使われます。アボット社製のレーザーで統一しているのが、アイレーシックの特徴なのです。

このレーザーも、厚労省が承認した安全性の高い機器です。Zレーシックの場合には、使わなければならないエキシマレーザーは特に決まってはいません。アマリスと呼ばれているものを使うところもあれば、アイレーシックと同じ機器を用いているところもあります。アイレーシックとZレーシックの決定的な違いは、イントラレーザーの種類にあるということができるでしょう。

ウェイブスキャン

アイレーシックの場合、ウェイブスキャンと呼ばれる精密測定機器もセットで用いられます。これを使うことで、一人ひとりの目の形状に合わせた施術が可能となります。Zレーシックであっても、ウェイブスキャンを用いていることがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加